098-877-2107098-877-2107

営業時間 AM8:30 ~ PM6:00 / 定休日 日曜・祝祭日

ルーミー

  • TOP
  • ルーミー

助手席リフトアップシート車

01_01

Aタイプ
助手席リフトアップシート車

Bタイプ
助手席リフトアップシート車+車いす収納装置(電動スライド式)

 

操作手順

【ウェルキャブ】助手席リフトアップシート

   
 

【ウェルキャブ】助手席リフトアップシート車+車いす収納装置(電動スライド式)

   
 

助手席リフトアップシート車

電動で助手席が回転し、車外へスライドダウンします。
助手席リフトアップシート 操作の流れ
・安全のため各操作は介助の方が確実に行ってください。
・写真は降車時の手順を説明しています。乗車時は逆の手順で行ってください。
[参考]写真のモデルの身長は150cmです。

01_02

自動メモリー機能付リフトアップシート
シートは最後に振り出した高さまで下降して、自動的に停止。いつもお使いの車いすへの移乗がスムーズです(メモリー範囲は最下端から200mm)。
シート高さは再度リモコンスイッチを押すことで、任意の高さに止められます。
また、シートを室内に戻すと、降車前のシートポジション(スライド位置・リクライニング角度)に自動的に復帰します。

車いす収納装置(電動スライド式)

BタイプはAタイプに加えて、電動式の車いす収納装置を標準装備。35kgまでの車いすをスムーズに収納できます。
車いす収納装置(電動スライド式・35kgタイプ) 操作の流れ
・安全のため各操作は介助の方が確実に行ってください。
・写真は収納時の手順を説明しています。取り出す時は逆の手順で行ってください。

01_03

自動メモリー機能付リフトアップシート
シートは最後に振り出した高さまで下降して、自動的に停止。いつもお使いの車いすへの移乗がスムーズです(メモリー範囲は最下端から200mm)。
シート高さは再度リモコンスイッチを押すことで、任意の高さに止められます。
また、シートを室内に戻すと、降車前のシートポジション(スライド位置・リクライニング角度)に自動的に復帰します。

収納可能な車いすの目安(車いす折りたたみ時)

01_04

*1.全高は車いすの手押しハンドルをたたんだ状態の寸法です。
*2.全長は車いすの手押しハンドルと転倒防止バーをたたんだ状態の寸法です。
*3.角度の中に車いすが入っている場合、車いすをセットするときに地面にあたるおそれがあります。
*4.キャスター幅は左右のキャスターの外側のキャスターフォークからの寸法になります。

 

標準装備

01_05

助手席リフトアップシート車について
シートに深く着座できない方、ひざや首が曲がらない方の場合、足や頭がボディにあたり、座った状態でのシートの回転が困難になりますのでご注意ください。
■体勢保持のため、アームレストとフットレストをご使用ください。
■助手席リフトアップシートは、ベース車のシートとは異なります。フルリクライニングはできません。シートスライド量、シートバック角度もベース車とは異なります。また、シート格納時座面がベース車と比べて約15mm高くなります。
■助手席リフトアップシートにチャイルドシートは装着できません。
■Aタイプは助手席側リヤシート、Bタイプは運転席側・助手席側リヤシートのダイブイン格納ができません。

 

Bタイプに収納可能な車いすについて、ご注意いただきたいこと

01_06

■上記の寸法内であっても、車いすの形状、オプション装着の状況などによっては収納できない場合があります。詳しくは販売店におたずねの上、お持ちの車いすなどを使用して実車でご確認ください。
■車いすの種類によっては、積み下ろしの際に車いすの背もたれが地面に触れ、汚れる場合があります。その場合は、手押しハンドルをたたまないで昇降させることにより、背もたれの汚れを防ぐことができます。手押しハンドルは左回転させる前にたたんでください。
■車いす固定時は後方視界が悪くなります。走行にはご注意ください。

 

Bタイプ車いす収納装置(電動スライド式・35kgタイプ)について

01_07

【ご使用の前に】
■お手持ちの車いすのキャスターに合わせて、納車時に販売店でキャスター固定ガイドの調整が必要となります。また、収納する車いすに変更があった場合も、販売店で再調整を行ってください。キャスター固定ガイドの位置を調整しないと、車いすが確実に固定されず破損のおそれがあります。

【ご使用上の注意】
■車いす収納装置には車いす以外のものをのせたり、荷物などを置かないでください。操作時にのせたものが落下して車両を損傷したり、故障したりするおそれがあります。
■リヤシートのリクライニング角度およびスライド量が制限されます。
■電動車いすを収納する場合は、必ず電動車いすのバッテリーを取り外してください。バッテリーが外れて落下したり、ラゲージ内で誤作動を起こし、車いす収納装置や車いすを破損させるおそれがあります。

【操作について】
■車いす収納装置の操作をする場合は、エンジンを停止しないでください。エンジンを停止した状態で操作すると、バッテリー上がりの原因になります。
■車いす収納装置を車外に出すときは、車両後方に十分なスペースがあること、平坦な場所であることを確認してください。
■車いす収納装置の操作をする場合は、リヤシートをリクライニングしないでください。

 

助手席リフトアップシート車 諸元(単位:mm)

01_08

※各寸法値は設計値を示します。実測値は若干異なることがあります。